市川陽一  
 研究歴  研究事項:大気環境、大気拡散予測、環境影響評価

主たる論文名(掲載誌、発行年月等):
Y. Ichikawa and K. Sada, “An Atmospheric Dispersion Model for the Environmental Impact Assessment of Thermal Power Plants in Japan – A Method for Evaluating Topographical effects, J. the Air and Waste Management Association, Vol. 52, pp. 313-323, 2002
市川陽一、門倉真二、「大気環境アセスメントにおける特殊気象条件下の拡散予測条件」、環境技術、第37巻、7号、pp.498-504、2008

 近年携わる分野について  ・大気環境、大気拡散予測、環境影響評価に関する調査、研究、教育
・環境影響評価に係わる実務、審議