貫上佳則  
 研究歴  研究事項:都市下水の高度処理、下水中の環境ホルモン物質の分析と評価、道路排水や道路塵埃中のPAHs、埋め立て処分地における重金属の挙動、など
当該研究に従事した期間:昭和60年4月~現在
研究に従事した機関名:大阪市立大学
主たる論文名(掲載誌、発行年月等):
・ Removal of Natural Free Estrogens and their Conjugates in a Municipal Wastewater Treatment Plant, CLEAN-SOIL AIR WATER, Vol.39,No. 2,pp.128-135, 2011.
・ Simultaneous Analysis of Natural Free Estrogens and Their Sulfate Conjugates in Wastewater, CLEAN-SOIL AIR WATER, Vol.38,No.12,pp.1146-1151, 2010.
・ 早期安定化のための海面埋立処分場における集排水システムの開発, 用水と排水,Vol.52,No.11,pp.912-920, 2010.
・ Deconjugation characteristics of natural estrogen conjugates by acid-catalyzed solvolysis and its application for wastewater samples, Journal of Environmental monitoring, Vol.12, pp.1594-1600, 2010.
・ 鉛・フッ素汚染土壌の酸洗浄処理および改良BCR逐次抽出法による処理特性解析, 土木学会論文集G、Vol.65、No.4、pp.246-259, 2009.
・ 道路粉塵と道路排水に含まれる多環芳香族炭化水素類およびニトロアレーンの分布と近隣河川への排出特性, 環境工学研究論文集、Vol.46、pp.337-343, 2009
・ Profile and removal of endocrine disrupting chemicals by using an ER/AR competitive ligand binding assay and chemical analyses, Journal of Environmental Sciences, Vol.21, No.7, pp.900–906, 2009.

 近年携わる分野について  ・ 下水中の環境ホルモン物質の分析と評価
・ 道路排水や道路塵埃中のPAHs
・ 埋め立て処分場や汚染土壌中における重金属の形態と溶出