河野 仁  
 研究歴 研究事項: 大気拡散、微気象学
当該研究に従事した期間: 39年
研究に従事した機関名: 兵庫県立大学、大阪市環境保健局
主たる論文名:
k-εモデルを用いた沿道の自動車排ガス拡散予測-野外拡散実験データによる検証-、井上 亮、河野 仁、池本和生、2012,大気環境学会誌、47(2), 96-104.
Experimental study of turbulence and vertical temperature profile in the urban boundary layer, Kono, H., Watanabe, S., Iwai, Y., Aoki, T. et al., 2011, Int. J. Environment and Pollution, 47(1/2/3/4), 337-347.
都市境界層の大気安定度推定のためのタワーを使った気温鉛直分布の年間観測、河野 仁、渡邊さつき、岩井恒敬、2010,天気、57(8), 589-600.
矢半田頌子、河野 仁、2009, 日本列島の風速分布及び地形と風速、乱流-野外観測データの解析、33, 104-110.
Relation between the turbulence intensity on the crest of a ridge and wind direction relative to the ridge line - part 1: field experiments, Kameshima, C. and Kono, H. and Tamura D., 2008, Proceedings 13 conference of mountain meteorology.
Relation between the turbulent intensity on the crest of a ridge and wind direction relative to the ridge line – part 2: wind tunnel experiments, Kono, H., Kameshima C., Yahanda S. and Aoki T., 2008.
播磨平野の海陸風の統計的解析―海面水温との関係、河野 仁、西塚幸子、天気、53,9,701-706,2006.
近畿・中部・中国地方山岳における樹氷と雪の化学分析、河野 仁、井上 亮、江口加奈子、雪氷、68.5、481-488、2006.
3D stream and vortexes in the urban canopy layer and transport of motor vehicle exhaust gas: H. Kono and K. Kusunoki, International Journal of Environment and Pollution, Vol.25, NO.1/2/3/4, 177-190, 2005.

 近年携わる分野について  風力発電のための風速と乱流の解析
都市の大気乱流観測と大気拡散予測
都市のヒートアイランド研究