1995年の阪神・淡路大震災から20年が経過した。
震災発生時,水道・下水道・廃棄物の各分野の震災対策は,
非常に脆弱なものであった。
当時は,どのような状況,体制であったのか。
そして,その後,どのように改善されて現在に至っているのか,
また課題を抱えているのか,
未だ記憶に新しい2011年の東日本大震災の経験を重ねて検証する。