環境技術学会の環境サロン (NPO環境技術支援センターと共催)
       
「放射性物質について大飯で考える」(原子力発電所と地域の暮らし)

エクスカーションのねらい

東日本大震災による福島第一発電所の事故を契機に、原子力発電所や放射性物質に関する様々な意見が渦巻いています。
本養成講座では、9月初旬時点で、国内で唯一稼働している関西電力大飯原子力発電所が立地している福井県おおい町を訪れ、原子力発電所が地域の暮らしにどの様な形で関わっているのかを現地で見聞するのと併せて、福島第一発電所の事故の後に明らかになってきた放射性物質を巡る事象の報告を聞き、私たちの生活と放射性物質について、考えてみたいと思います。

期日:2013年(平成25年)10月19日(土)
場所:福井県大飯郡おおい町 道の駅「うみんぴあ大飯 会議室

      Tel:0770-77-4600

参加費用:一般、NPO会員、環境技術学会員  2,000円(当日徴収)
集合・解散場所:JR 湖西線 近江今津駅
集合時間: 9時15分
(JR 大阪駅発 7時45分、JR 京都駅発 8時14分 新快速 敦賀行 乗車
     近江今津駅着 9時06分)
参加費用:一般、NPO 会員、環境技術学会員 2,000 円(当日徴収)
スケジュール
   9時15分 ~ 10時30分 近江今津から鯖街道経由で おおい町へ(レンタカー)
  10時30分 ~ 13時00分 おおい町内各種施設見学・昼食
  13時00分 ~ 16時00分 放射性物質を巡る事象に関する報告
    1) 13時00分 ~ 14時30分 放射性セシウムの環境における動態と課題
                                保高徹生(産業技術総合研究所)
    2) 14時30分 ~ 16時00分 農地除染における技術の実態と今後の課題
                                上野裕士(内外エンジニアリング(株))
  16時00分 ~ 17時30分 おおい町から近江今津駅へ移動(レンタカー)
解散時間:17時30分
  (JR 近江今津駅発 17時43分 普通 京都行 乗車 京都駅着 18時51分
           京都駅発 18時59分 新快速 網干行 乗車 大阪駅着 19時28分
   又は、JR 近江今津駅発 18時04分 特急サンダーバード36号大阪行 乗車
         大阪駅着 19時07分)

※保険手続きをいたしますので、10月11日(金)中までに、件名を「10月19日の環境サロン」とし、
  メールでお申し込み下さい。
 →kankyo-g@jriet.net(学会事務局)
  tel 06-6357-7611 fax 06-6357-7612