━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            
防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センター
               振動実験の E-ディフェンス施設見学

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■施設の概要
 1995年兵庫県南部地震でビル、木造家屋、橋、道路、港湾など多くの構造物が未曾有の被害を被りました。これを契機に、今までの構造物の耐震性の評価方法を見直す必要が認識され、その方向性の一つに、構造物の破壊過程を調べることが重要とされました。そのためのデータを取得する必要がありますが、既存の施設にはそれを達成するだけの十分な性能を有した新たな施設建設が必要となりました。
2005年4月からの研究開始に向けて建設された実験施設が、本研究センターの実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)です。
これまでの震動台は、小・中規模のものについては世界中至る所に数多く見られますが、E-ディフェンスは、その名前から実大・三次元・破壊というキーワードで特徴づけられ、実物大の構造物を破壊させるために必要な性能を有しています。そして、E-ディフェンスにおける実験以外に、実物と同じ大きさの構造物が壊れていく過程を調べる方法は、実質的にないといえます。これが、E-ディフェンスを使った実験研究の大きなメリットであり、我々、防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターは、究極的には「大地震から構造物被害軽減に如何に貢献するか」を目指し、研究に取り組んでいます。

■期日 2016年11月16日(水)
■見学地:国立研究開発法人防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センター
       兵庫県三木市志染町三津田西亀屋1501-21
■行 程
 13:30 難波に集合  (場所) O―CAT西側
 13:40 難波出発  … 車中説明
 14:45 見学地(E-ディフェンス)到着
 15:00-16:00 見学
 16:30 現地出発
 18:00 難波駅着

■見学内容 http://www.bosai.go.jp/hyogo/application/index.html
  計測制御ロビー(施設紹介、実験映像による全体説明)
        ↓
   実験棟(震動台見学)
        ↓
   油圧源棟
        ↓
   実験準備棟
        ↓
   屋外準備ヤード
       ↓
    計測制御棟ロビー

■参 加 15名まで参加できます。但し、環境技術学会会員及びNPO環境技術支援センター会員
■参加費 1000円+交通費(実費)
■申 込  学会事務局まで( kankyo-g@jriet.net) 件名に[見学申込]として下さい。
       ※保険に入りますので、氏名と生年月日をご連絡下さい。