一般論文書式(Microsoft WORD)

●設定内容
 (1)マージン:上下:20mm  左右:15mmにする。
 (2)22字×43行×2段:本文テキストのみ、2段組で記述する。
 (3)「原稿用紙の設定にする」 を指定する。
 (4)フォント:日本語・英数字ともに「MS明朝」にする。


●設定方法:以下の順序通りに設定して下さい
WORDファイルの[ページ設定画面]をひらいて以下のように設定する
 @「余白」タブ、左右の余白を「15mm」に設定する
 A「文字数と行数」タブを選択。
 B「文字方向」で段数を「2」に設定。
 C「文字数と行数の指定」で「原稿用紙の設定にする」を選択。
 D「文字数」を「22」に設定。「行数」を「43」に設定。
 E「文字数と行数」タブ画面右下の「フォントの設定」の「フォント」タブを選択。
  「日本語用のフォント」で「MS明朝」を選択。続いて、「英数字用のフォント」で「MS明朝」を選択。
※フォントサイズは10.5が選択されているかを確認すること(通常は標準で10.5に設定されています)


    ■論文の本誌仕上がりページをシミュレーションしてみたい方はこちら。

※詳細は機関誌を参考にし、不明な点は、編集室(kankyo-g.edit@jriet.net)にお尋ね下さい 

環境技術学会TOPページ