「環境技術」2011年3月号 記事情報

掲載年 2011
巻(Vol.) 40
号(No.) 3
138 - 143
記事種類 研究論文
記事タイトル 沿岸域から単離した腸球菌のPFGE法による遺伝子型解析
著 者 古川隼士・吉田照豊・鈴木祥広
第1著者ヨミ FURUKAWA
第1著者所属 宮崎大学大学院
要 旨  現在,沿岸域における公衆衛生や細菌学的な安全性を確保するために,ふん便汚染源追跡手法の開発が強く望まれている.我々は,先端的な分子生物学的遺伝子解析手法であるパルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)法を水環境に適応させ,追跡手法としての確立を検討している.本研究では,ふん便指標細菌であるEnterococcus faeciumEnterococcus farcalisを港湾域から単離・同定し,PFGE法による遺伝子型の解析を行った.PCR法と生化学性状試験を用いた腸球菌種同定試験において,E. faeciumE. faecalisが,それぞれ40株と2株同定された.港湾域から高頻度で同定されたE. faecium株の40株を用いてPFGE法による遺伝子型の解析を行い,全9種類のPFGE型が得られた.これらのPFGE型を用いて系統樹を作成したところ,類似性レベル0.7において,7グループに分類され,港湾域から回収したE. faeciumはさまざまなPFGE型を示した.PFGE法によるE. faecium株の遺伝子型を解析することによって,水環境におけるふん便指標細菌の分類・特徴付けができた.
キーワード:パルスフィールドゲル電気泳動法(PFGE 法),腸球菌,ふん便汚染,遺伝子型解析,港湾
特集タイトル 研究論文特集
特集のねらい