「市民(入門編)」の構造

←前へ

■市民が方法書、さらに準備書を読み抜いて意見を述べるなど、積極的に市民参加を行うノウハウを アドバイスします。
市民の立場から環境アセスメントを学ぶためですが、「免罪符」「アワセメント」などの悪口がなぜ出るかを事業者にもわかっていただきたいところです。

「市民(実践編)」の構造