「環境技術」2010年10月号 記事情報

掲載年 2010
巻(Vol.) 39
号(No.) 10
618 - 623
記事種類 解説
記事タイトル コンポストによる水田のメタン発生抑制と乾燥砂質土壌の改良
著 者 Chaveevan Leaungvutiviroj・竹野健次・新川英典・佐々木 健
第1著者ヨミ LEAUNGVUTIVIROJ
第1著者所属 広島国際学院大学大学院
要 旨  地球温暖化の一因ともなる水田からのメタン発生が、コンポスト投与で85%以下と著しく抑制され、土壌中のN、P、Kも増大し、稲の収量も増大することを見出した。また、貧栄養の酸性乾燥砂質土壌も、コンポスト投与で窒素固定菌やリン溶解細菌などの微生物群が活発化し、トウモロコシ収量が増大するなど、コンポストの新たな機能を見出した。
キーワード:メタン発生,水田,乾燥砂土壌,トウモロコシ収量
特集タイトル
特集のねらい