「環境技術」2010年10月号 記事情報

掲載年 2010
巻(Vol.) 39
号(No.) 10
629 - 632
記事種類 連載
記事タイトル スマートグリッドからスマートエネルギーシステムまで(第1回)
著 者 本間琢也
第1著者ヨミ HOMMA
第1著者所属 筑波大学名誉教授
要 旨 連載にあたって
 最近スマートグリッドに関する情報が各種メディアに多く登場するようになってきた.本連載では最初にスマートグリッドの概念,定義,そしてそれの導入における意義について議論する.スマートグリッドは,先進国,中東,および新興国においてその導入が進められているが,そのアプローチや手法については,国情や価値観によってかなりの相違点が存在する.第2回では各国において開発が進められているスマートシティーやスマートコミュニティーの概念についてレビューし,それ以降では蓄電池や電気自動車の開発動向,そしてそれらの問題点について述べたい.蓄電池の開発は現在わが国が最も得意とする分野ではあるが,中国,韓国において最近のこの分野における進歩は著しく,追い上げが激しくなっている.
キーワード:スマートグリッド,再生可能エネルギー,電気自動車,リチウムイオン電池,スマートエネルギーネットワーク
特集タイトル
特集のねらい