「環境技術」2013年8月号 記事情報

掲載年 2013
巻(Vol.) 42
号(No.) 8
496 - 500
記事種類 連載企画
記事タイトル 3.11の教訓―安全・安心とは何かを考える―(第3回)各国の原発政策と市民運動の変化
著 者 山口幸夫、松久保 肇
第1著者ヨミ YAMAGUCHI
第1著者所属 NPO法人原子力資料情報室 
要 旨  福島第一原発事故は,通常の事故とは決定的に異なる放射能の広範囲な拡散によって,空間的・時間的に桁違いに大きな影響を生命系に及ぼした.市民・住民たちは「安心・安全」とは何かを考え直し,いのちを第一に重んずる考えに立ちつつある.その変化のようすを,政策と運動の両面から各国の状況について報告する.
原発震災,科学の進歩,利便性,放射線被ばく,生命系
特集タイトル
特集のねらい