「環境技術」2014年10月号 記事情報

掲載年 2014
巻(Vol.) 43
号(No.) 10
611 - 617
記事種類 調査報告
記事タイトル 由布院温泉からの流入水が河川水質に与える影響の検討
著 者 横田恭平
第1著者ヨミ YOKOTA
第1著者所属 大分工業高等専門学校
要 旨  本調査は大分川の上流に位置する由布院温泉からの流入水が河川の水質に与える影響について検討を行った.
 分析の結果,下流域に行くに従い溶存成分の濃度は低くなるものの,大野川との比較において,高い傾向にあった.それらのトリリニアダイヤグラムの結果は,各流域において大きな位置の変化は認められなかった.また,大分川における各種イオン濃度の間においても,各流域において濃度は異なるものの,相関関係において決定係数が高い傾向を示した.
 これらのことから,由布院温泉からの流入水は大分川の水質に影響を与えているものと推察される.
キーワード:由布院温泉,温泉水,河川水,溶存成分,決定係数
特集タイトル
特集のねらい