「環境技術」2015年3月号 記事情報

掲載年 2015
巻(Vol.) 44
号(No.) 3
161 - 169
記事種類 研究論文
記事タイトル 活性汚泥中のバイオサーファクタントの特徴
著 者 大野勝也、奥村健一、矢田ひかる、中村浩平、高見澤一裕
第1著者ヨミ OHNO
第1著者所属 イビデン(株)
要 旨 活性汚泥をテトラクロロエチレン(PCE)にて馴養した後,氷上濾過することでバイオサーファクタント様物質(BS)を得た.このBS によってPCE の液中への溶解度は約2.5倍に向上した.この時,粒径分布のピークはPCE 添加前の64nm,248 nm から添加後では389 nm,4,053 nm に増大しPCE のミセル化が確認された.Tween 20やサーファクチンナトリウム(SF)と比較すると,BS における乳化力が最も高かった.また,原油の油膜排除効果はBS,Tween 20,SF の面積比で比較すると,各々0.22,0.21,0.15となり,BSの油膜排除効果が最も高い結果となった.TOC ではBS の油膜排除効果はTween 20やSF よりも低かった.さらにこのBS のメタノール抽出画分に油膜排除効果があり,薄層シリカゲルプレート上ではニンヒドリンで発色し,UV220 nm に極大吸収があったことからペプチド結合を有するBS であることが示唆された.以上より,活性汚泥において疎水性の高い物質に対し強い乳化作用を示すBS の存在と性質の一部が明らかとなった.
キーワード:活性汚泥,バイオサーファクタント,油膜排除,乳化作用
特集タイトル
特集のねらい