「環境技術」2015年8月号 記事情報

掲載年 2015
巻(Vol.) 44
号(No.) 8
460 - 467
記事種類 研究論文
記事タイトル コケ分析により得られた放射能拡散状況
著 者 大原荘司、他
第1著者ヨミ OHARA
第1著者所属 奈良学園大学
要 旨 宮城県石巻市から福島県飯舘村を中心に33点のコケを採取しCs-137残留放射能の分析を行い,福島第一原発事故に伴うCs-137の放射能拡散状況を把握することを目的とした研究を行った.地形条件と拡散放射能の残留状況との関係も結果的に明らかになることも目指した.コケの高い放射能吸着性とカーペット状に地表を覆う特性に注目し,単位面積当たりのCs-137残留放射能量を求めた.コケは土壌に比べて種類による放射能吸着性の差が小さいと考えられ,汚染マップを求めるにはコケの分析が適していると判断した.測定には,主としてNa(I Tl)シンチレーション検出器を用いた.文部科学省報告の積算線量推定マップと傾向はよく一致して風向き,標高などの条件で飯舘村がホットスポットとなっていることがコケの分析でも明らかになった.また,同じコケサンプルを用いCs-134とCs-137のガンマ線ピークを分離できるCdZnTe 半導体検出器による測定でCs-134/Cs-137のガンマ線強度比の地域差を求めたが顕著な差は認められなかった.
キーワード:放射能拡散,コケの放射能,CdZnTe 検出器,飯舘村
特集タイトル
特集のねらい