「環境技術」2015年8月号 記事情報

掲載年 2015
巻(Vol.) 44
号(No.) 8
468 - 473
記事種類 研究ノート
記事タイトル 化学的酸素要求量(CODMn)における銀の添加量の評価  (※CODMnのMnは、下付き)
著 者 堀田健太郎、他
第1著者ヨミ HOTTA
第1著者所属 兵庫県立大学大学院
要 旨  CODMn 測定時,塩化物イオン除去には銀添加する必要があるが塩化物イオン測定法は指定されていない.従来法よりも簡便な方法を検討した. 塩化物イオンと電気伝導率には統計学的に直線性が確認されている.しかし,異なる組成の試料を扱う環境計量証明事業所ではその直線性が心配される.そこで,pH が中性域でかつ工程水を除いた試料を対象にすることで直線性を確認でき電気伝導率の測定値から銀量を決定できたので報告する.
キーワード:電気伝導率,塩化物イオン,環境計量証明事業所,CODMn,銀
特集タイトル
特集のねらい