「環境技術」2020年6号 記事情報

掲載年 2020
巻(Vol.) 49
号(No.) 6
301 - 305
記事種類 特集
記事タイトル 生物によるマイクロプラスチックの細粒化とその体内動態
著 者 大嶋雄治
第1著者ヨミ OSHIMA
第1著者所属 九州大学大学院
要 旨 1.はじめに
 プラスチックは開発されてまだ100年にも満たないが,その使用は爆発的に拡大し,今や人間の生活に不可欠なものとなった.その一方で,年間約3000万トンのプラスチックが環境中に放出され1),一部は海洋に流れ込んでいる.水圏に流れ込んだプラスチックは浮遊・沈降すると考えられていたが,徐々に劣化・分解され細粒化し,顕微鏡で観察するレベル(粒径5o以下)のプラスチック粒子(microplastics,MPs)が世界中の水環境から検出された.今後,水環境中でMPs が増加することは不可避であり,その生態影響の解明が急がれる.科学的知見の集積をまず行い,それに基づくリスク評価を行うことが重要である.ここでは筆者がこれまでに行ったMPs に関する研究を中心にその一端を紹介したい.
キーワード:マイクロプラスチック,細粒化,水生生物,メダカ,体内動態
特集タイトル 水域環境におけるプラスチック汚染の現状と研究の到達点
特集のねらい